読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4姉弟のハハ日記

1997年生1娘、2000年生2娘、2002年生3娘、2005年生4太の過去日記

野毛山動物園

昨日、横浜の野毛山動物園へ行って来ました。

野毛山動物園は、横浜市営の動物園で、入園料などは無料。

山を降りれば、すぐ市街地で、こんな街の中に動物園があるの?
と、最初はびっくりしました。

以前、雨の日にチチが、1娘と娘を連れて出かけたのですが、
雨の日は動物も休憩するらしく、あまリ見られなかった上、
ふれあい広場もお休みで、残念がっていたので、リベンジです。


昨日は、朝から快晴。

本当に気持ちの良い日でした。

お茶とおやつを持って、お出かけです。

近くの駐車場に車を置いて、坂道を登ります。

野毛山というだけあって、結構急な坂道を登るだけて、
運動不足の親には、キツイものがあります。

動物を見るのもそこそこに、1娘のお目当ては、ふれあい広場で小動物と遊ぶこと。

さっそく、公園の方へ移動しました。

ヤギ、アヒル、ウサギ、ハムスター、ハツカネズミ、ヒヨコといった、
動物たちがいっぱい。

ヤギやアヒルは、気ままに寝そべって、
小動物はみんな、とてもおとなしく、子どもたちに抱っこされています。

慣れているのネエ。

 

1娘は、草を一掴み、ヤギの口元に持っていって食べさせたり、
ウサギやモルモットを抱っこしたり、
ハツカネズミを服の裾に乗せて這わせてみたり、大喜び。

「ハハ~、チチ~、みてみてーーー」

と、キャハキャハ騒いでいました。

2娘は、興味はあるものの、触るのは怖いらしく、
私が手に乗せて見せてあげると、ようやく指を一本出して、そっとなでなで。

へへっと、はにかむように笑い ました。

ちょっと慣れてくると、

「ピョンピョン(ウサギ)、チューチュー(ネズミ)

と、指差して教えてくれるようになり、
ケージを覗きこんで、動物を見て いました。

 

いいお天気のせいか、人出もわりと多く、
迷子にならないように、キョロキョロ見まわしながら、
私は、子どもたちの写真撮影。

でも、おなかが重くてすぐに疲れて、子どもはチチに任せて、
ベンチに座って、のんびりと風に吹かれて休んでしまいました。

山の上なので、周りに見えるものも、ランドマークタワーくらい。

木々や芝生を前に、森林浴の気分です。

 

おなかが空いて、お昼過ぎには帰りましたが、
駐車場代は、2000円にもなりませんでした。

動物を見るだけじゃなく、触って楽しめて、
公園のようにのんび りと休めて、なんてありがたい施設でしょう。

今度はお弁当を持って、シュリを連れて、遊びに来よう。

 

www.hama-midorinokyokai.or.jp