読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4姉弟のハハ日記

1997年生1娘、2000年生2娘、2002年生3娘、2005年生4太の過去日記

2004年9月16日1娘:たまごっち世代を重ねる

1娘のたまごっちは無事に成長を続け、
世代を重ね、今はやっと3世代目。

つまり、2回結婚して子どもを生みました。


学校も学童もゲーム類は持ち込み禁止。

日中はハハが育てています。

食事をあげたり、ご機嫌UPゲームをやったりしていると、
それなりに愛着もわいてきま す。

キャラクターによって性格(?睡眠時間や呼び出しのタイミングとか)や
アイテム、動作も違ったりして、ふ~ん、と感心することもしばしば。


1娘は、育て始めの頃にたまごっちが何度も幼くして死んでしまったので、
世代を重ねるのをとても楽しみにしてました。

繁殖期のキャラクターに成長して3日目に
「おせっかいばあさん」というキャラが
お見合い相手を連れてくることになっています。


初めてのお見合いと結婚。

そのとき私はまだ、お見合いのことをよく知りませんでした。

呼出音がするのでたまごっちを見ると、おばあさんの顔。

なにげにボタ ンを押してみると
「お見合いしますか?YES?NO?」の表示。

深く考えずにYESを押すと、花火が上がり、
勝手に結婚して卵を産んでしまいました。

え!?

お見合いしたら即結婚!

検討時間はないのか~


帰宅した1娘に
「よくわからないでボタン押したら結婚しちゃった。
 おせっかいばあさん楽しみにしてたのにごめんね~」
と謝ると、以外にあっさりと

「いいよ。子ども生まれたなら。
 次の繁殖期に会えるかもしれないし」と笑顔。

ホッ。


そして2回目の繁殖期。

今度こそは1娘に結婚の場面を見せたいなぁと思い、
1娘がいない時に来たお見合いは断りました。

帰宅した1娘「今日結婚した?」との質問に

「お見合いに来たけど断ったよ。
 また1娘いる時に来てくれるかなと思って」

と答えるといきなり

「うわ~ん!!!!」と大泣きが始まりました。


1娘「なんで結婚してくれないの?
 もうお見合いに来なかったら子ども生まれないジャン。
 このまま年取って死んだらどうするの~」

と責められてしまいました。

う~ん、親の心子知らず?

ハハ「1娘がお見合い見たいかなって思ったんだもん。
 きっとまた来てくれるよ」

1娘「また来るってどうしてわかるの?
 その前に死んじゃったら、ハハのせいだ~」

ハハ「世代を重ねるのが目的のゲームなんだから、絶対来るよ。
 今度はちゃんと結婚させるから」

1娘「本当に?絶対来る?
 1娘、お見合い見られなくてもいいから、絶対結婚しておいてね」
とまだスンスンしながら、イマイチ納得してないみたい。


翌日、やはり1娘がいない時にお見合いにきましたが、
ここまで来たら、どうしても1娘にお見合い見せてやる、
と思ってしまい、断りました。意地悪かなぁ。

帰宅した1娘「結婚した?」

ハハ「まだだよ」

1娘「うわ~ん!やっぱりこのまま死んじゃうかも~。
 ハハのせいだ~。子どもがうまれないじゃん~」

とまたまた大泣き。

ふ~。

何を言っても聞きそうにないので放っておきます。


そのうち泣き止んでも、拗ねて壁の後ろに隠れて
私を真っ赤な目でじ~っと睨んでいます。

こんなに恨まれるとは・・・トホホだなぁ。


その後、夕食の準備中にたまごっちの呼出音。

見るとお見合いです。

「1娘、お見合い来たよ」と声をかけると

「え?ホント?」と駆け寄って来て、
私からた まごっちを奪い取りました。

お見合いして結婚させ、

「やった!男の子生まれた~。
 近所のMちゃんとこは女の子だから、これで恋愛結婚できるね~」

と大喜 び。


お見合い騒動の次は、恋愛結婚が目標だそうです。

一言、ハハありがとうって言ってくれよ・・・