読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4姉弟のハハ日記

1997年生1娘、2000年生2娘、2002年生3娘、2005年生4太の過去日記

2004年10月28日Take your time. (ゆっくりね)

先日の親子で英語で遊ぶ会での「Today's phrase」が
Take your time.(ゆっくりね)」でした。

毎回、子どもへの語りかけの一言として、
親が積極的に使おうねという言葉を示されます。


で、ふと気がついた。


日本語にすると「ゆっくりね」と訳される「Take your time.」だけど、
日本語と明らかに違う。

直訳は「あなたの時間を取りなさい」だ。

この1文の中には、主体がちゃんと示されている。


私は留学の経験もないし英語のニュアンスなんてわからないから、
間違ってとらえているかもしれないんだけど、
なんとなく、「あなたの時間」というところに「自己責任」を感じてしまった。


私が子どもに「急いで」「ゆっくりね」と言うとき、
それは実は「私が急いでいるから」「私がゆっくりでもいいから」なのだ。

子どもとともにある時間だけど、
私が管理している時間であって、子どもの時間ではないのだね。


でも「Take your time.」という言葉を聞いて
急いでもゆっくりしてもあなたの時間だよ。
 あなたの思うように時間を使ってね
」という風に聞こえたの。


普段、特に朝など時間との戦いという雰囲気でつい
「急いで、早く」と急かしてしまうのですが、
本当は「Take your time.」と子どものペースを尊重して見守るべきなのですよね~(-_-;)

3桃娘よ、ごめんなさい。


思っただけでなかなか生活習慣は変わらないんだけどさ、
ちょっと紙に書いて壁にでも張っておこうかな~。