読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4姉弟のハハ日記

1997年生1娘、2000年生2娘、2002年生3娘、2005年生4太の過去日記

2004年11月25日1娘vs3娘:おやつの攻防

2娘3娘を保育園から連れ帰って、到着するのは4時半ごろ。

1娘が学童から帰ってくるのは、5時15分頃。


明るければ家の前で外遊びをしたりするけど、最近はもう暗くなって遊べない。

部屋に入ると、まず「おやつは?」という言葉が飛び出す。


ふだんは、1娘が帰ってから食べる分を取り置いてから、
2娘3娘におやつをテーブルに出すのだけど、

この間は、うっかりして取り置きを忘れて、
袋ごと、2娘3娘に渡してしまったのですよ。

ちなみに、その日のおやつは一口サイズの甘食

これが悲劇の始まり~。


玄関のドアベルが鳴って、1娘が帰ってきた。

ただいま~。おなかすいた。おやつは?

そこでやっと、1娘の分の取り置きをを忘れていたことに気づいて、
テーブルを見ると、もう、おやつはない。

そうだよね。

あるだけ食べちゃうよね。

唯一、3娘が最後の一つを手に持っている。


おかえり。手を洗っておいでね。1娘のおやつはこれだよ
と、かっぱえびせんの小袋を渡す。

3娘、何持ってるの?1娘も同じのが食べたい
と、1娘は、目ざとく3娘の持っている甘食を見つけてしまう。

あれはもうないの。ごめんね。1娘の分、残しておくの忘れちゃったと私。

3娘がまだ持ってる。3娘、ちょうだい!と既に怒っている。

3娘はさっと私の背後に走りこみ、口いっぱいに押し込んでしまった

やるな~。


1娘は3娘のばか!!!!!と叫んだ後

うわぁ~ん、1娘もみんなと同じの食べたいよ~。いじわる~!と大泣き。

こうなるとしばらく止まらない。


ふ~、また親への不信を生んでしまった。

確かにハハがいけないさ。

わざとじゃないんだけどね。

わすれんぼで、ごめんね。

1娘、不憫だなぁ。