4姉弟のハハ日記

1997年生1娘、2000年生2娘、2002年生3娘、2005年生4太の過去日記

2005年5月22日1娘:妹なんかいらない!


 楽天は、1000円だ(^^;)

科学技術館で、これ↑と同じような品物を、チチが気に入って、買ってきたんです。
2000円で。
ガラスのボールの中ではプラズマが光っていて、
手でガラスボールを触ると、手のところに光が集まってくるんです。
見てるだけでもキレイだし、子どもは「光がなついてる!」と大喜び。

科学技術館から帰ってきて、疲れたチチとハハは寝室でお昼寝。
子ども達は、居間で遊んでました。
寝るときに
「このライトはガラスだから、落とすと割れるよ。
 床において、持ち上げないでね」
と言い残してはおいたのですが・・・

ガシャ~ン!という音と、1娘の「あ、3娘が落とした!!!」と叫ぶ声。
居間を離れて、まだ30分くらいでした。
やっぱり、あかんかったね。

急いで居間に行くと、階段で遊んでた2娘。
食卓で、自分の買ってきた「ふうせん粘土」で遊ぶ1娘。
ソファで、呆然と座る3娘。
ソファの下にガラスの破片多数

「みんな動かないでね。片付けるまでそのままだよ」
とガラス除去を始めます。
1娘が「なんか手伝う?」と心配そうに聞きますが
大丈夫。危ないから動かないでねと制します。
箒、掃除機、雑巾がけでなんとかお片づけ。

3娘が「こわぇちゃったの?」と、気まずそうに、上目遣いに聞きます。
「きれいだったのに、残念だね。
 もう、割れちゃったから、見られないよ。
 大切なものは、やさしくしないとね」
というと「うん」と小さくうなづいてました。

すると1娘が
「3娘のバカ!
 持ち上げないでって言われてたのに、約束破って壊した!
 チチが、キレイなの楽しみにしてたのに・・・かわいそう」
と怒鳴って、大泣きし始めた。
 
3娘は「バカじゃないもん」と一言返す。
 
「残念だったけど、仕方ないよ。
 3娘は、近くで見たかっただけでしょ。わざとじゃないもん」
と私がかばうと
「3娘は、その前に1娘の粘土も、勝手に触って落としてた!
 言っても通じないじゃん。
 赤ちゃんなんて、いなきゃいいのに!」
と珍しく、興奮して高ぶっている。

こんな時は、抱っこ抱っこ。
ソファに、1娘と隣に座って、頭を抱いて背中をトントンする。
130cmの1娘は、もう膝には乗せられない。
体はこんなに大きくなったけど、まだまだ子どもだなぁ。
 
「1娘だって、今は大きいけど、赤ちゃんだったんだよ。
 物を壊したこともあるよ。
 でも1娘は大切な 娘だよ。
 3娘も同じ。
 姉妹いると、独り占めできないし、壊されたり、イヤなこともあるけど、
 一緒に遊べるし楽しいこともあるよね。
 自分がもし『1娘いらな い』って言われたら悲しいでしょ。
 3娘に謝ろう」
と言っても、まだ素直になれないらしく、3娘を睨んでだまっている。
「後でごめんねしてね」と言っておく。

「私、妹ならよかったな。
 言ってもわからない妹じゃなくて、やさしいお姉ちゃんが欲しかった」
とポツリ。
するとチチが
「じゃ、2娘がお姉ちゃんならよかった?」
と聞くとすかさず
「2娘がお姉ちゃんは、イヤだ」とキッパリ否定した。
あんまりハッキリ言うので、
おかしくなってチチハハは笑ってしまった。
つられて1娘も、へへって笑ってた。

その後、1娘が
「ガラスのものは、3才より小さい子がいなくなるまで、買えないね」
と言ってました。
そうねぇ。
3娘が、この夏やっと3才になるけど、これからまた4児が出てくるから、
1娘の苦労も、まだつづくねぇ。
お姉ちゃんは、大変そうだ。
 
私は、自分が末っ子だから、第1子の苦労は知らないのよねぇ。
チチは第1子で弟がいるけど
「上だからって、あんまり大変だと思ったこと無い」という人だし。
ご近所の長女ママは長女は損。我慢ばっかりって言ってた気がするな~。
 
う~ん、でも、末っ子は確かに甘やかされるけど、
使いっ走りにされるし、いつまでも子ども扱いで、
イヤだと思うこともあるんだが・・・。
お互いに「無いものねだり」なんだろうね。