読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4姉弟のハハ日記

1997年生1娘、2000年生2娘、2002年生3娘、2005年生4太の過去日記

2005年5月24日2娘は小悪魔?

2娘、4才11ヶ月。
まだ、自転車の補助輪が取れません。
近所の同年の子は、大抵、補助なし乗れるようになったのだけどね~。
1娘は、その頃はとっくに乗ってたし。
 
お友達の誰かが乗れるようになる、とちょっとは気になるらしく、
「2娘も、補助輪、取ってみる」と言っては、チチに外してもらうのだけど、
練習するのは、取ってもらった日だけ
でも結局、その日1日では乗れなくて、すぐ諦めちゃう。
練習もしなくなって、またチチに
「やっぱり、補助輪つけて」とお願いするのよね。
この1年で、これを3回くらい繰り返したかなぁ。
 
ご近所のママ友に
「まったく、2娘は、すぐ諦めちゃうんだから」
と愚痴ったところ、
「大丈夫よ。
 2娘ちゃんは、自分で乗れなくても、誰かに乗せてもらえばいいんだから」
との言葉が帰ってきました。
確かに、否定できない(^_^;)
 
本当は、とっても甘えベタで、人とは常に距離を置こうとする2娘だけど、
なんか、華奢で儚げに見えて、
周りが勝手に、手を貸してあげたくなっちゃう雰囲気があるようで。
特にご近所のパパ達は、2娘にかまいたがるところがあるかも~。

今は、子どもだから、たぶん意識してない天然だけど、
成長して自覚すると、もしかして小悪魔っぽくなるんだろうか。
ハハの嫌いな女になりそう・・・
 
しかし、ある日の、2娘の1人お人形?遊び。
色のついたブロックを人形に見立て、
自分で何役もやって、独り言をつぶやいてました。
何か問題が起こったらしいピンクちゃん。
ピンクちゃん「どうしましょう。困ったわ」
緑君「ピンクちゃん、大丈夫。僕がかわりにやってあげるよ」
青君「そうそう、僕もお手伝いしてあげるね」
ピンクちゃん「まぁ、緑君も青君もありがとう。助かるわ」
・・・
もしかして、既に自覚あり?
実はそうやって、2娘は、いつも男の子に助けてもらってるのかな?
どんな風に成長するのか、末恐ろしいかも(-_-;)
 
 
**2016年**
2娘の外見は、今も、細身で小柄。
とはいえ、成績は良く、生徒会に立候補しちゃう目立つ生徒なので、
「守ってあげたい」系とは、今は違うかも。
しかし、長に立候補するのは、
「長って、人にやれって言える立場だし、楽じゃん」
と言ってたので、人を使うのは、躊躇ないようです。