4姉弟のハハ日記

1997年生1娘、2000年生2娘、2002年生3娘、2005年生4太の過去日記

2005年6月30日2娘:個人面談

2娘の個人面談がありました。
担任の保育士さんと、チチハハと30分お話しました。
去年までは15分だったから、いろいろお話できて楽しかったな。

「最近の2娘ちゃん、どうですか?」という質問から始まります。
抽象的で、なんて答えていいのだろうねぇ。
 
「家で困ったことは、ありますか?」
まぁ、兄弟ケンカは多いし、年齢相当にわがままで勝手ですし、
でもお手伝いをしてくれたり、気を使ってくれたり、いろいろだよね~。
 
「保育園では、どうでしょうか?」と聞いたところ、
やはり最近、お友達とのトラブルで、手が出ることがあるらしい。
保育士さんも間に入って「どうしたの?」と、
お互いの気持ちを言葉にできるように、
指導してくれたりしてくれてるようです。
 
家でも、3娘を、すぐ叩いたり蹴ったりしちゃうから、おんなじかな。
「言葉で伝えようね」って言うんだけど、
そういう時は、口を尖らせて目を合わせないのよね~。
時間がたった後で、ちょっと落ち着くと、
3娘の背中に向かって
「ごめんね!」って、叫んだりはできるんだけど、
その場その時には、なかなか素直になれないみたい。
 
でも、今まではお友達とのかかわりが薄いほうで、
トラブルにもならなかった感じだから、
自分を外に主張していくような部分では、
少し積極的になったということかもしれないね。
 
保育士さんにも、自分から甘えるとか主張するとか少なかったのが、
大きな声で、訴えることが出来るようになってきたみたいだし。
あとは、トラブルにならないように、
上手に自分を表現することを覚えていけば、いいのかもね。

まぁ、新しい家族がもうすぐ増えるってことも、
子どもにとって、不安定な要素の一つでもあるかな。
私が余裕が無くて、
子どもたちを、充分に甘えさせてあげられてないかもしれないし。
でも、私のお腹や赤ちゃんを、一番気にしてお手伝いしてくれたり、
労わってくれるのも、2娘だもんね。
優しいよね。

楽天的なチチハハなので、
あんまり子どものことで、気に病んだりとかしないなぁ。
3人ともわがままで甘えん坊だけど、
それはあたりまえのことだしね。
泣き叫んでお手上げのこともあるけど、
そういう日もあるよね。
本をよく読んで、お友達ともよく遊ぶし、
野菜もよく食べるし、いい子だよね~(*^▽^*)
おおらかな、のんきな家庭です。
 
 
**2016年**
2娘、小さい頃は、本当に、外では壁の花みたいな、地味な子でした。
昔のアルバムを出してきても、体も顔も小さくて、
あんまり笑わなくて、せいぜい、はにかみスマイル。

それが、3娘の誕生で、末っ子で黙っててもかまってくれる時代は終わり。
3娘の成長に伴い、張り合わないと負けると思ったのか、
少しずつ、自己主張(わがまま?)が強くなってきて、
小学生では、人を仕切るようになってきて、
中学では、表立って生徒会とか立候補するまでになりました。
小さい頃とのギャップが、4人の中で一番大きい子です。
 
でも、家の中では、昔から「姫」で、我を通してきました。
かわいいものが好きで、こだわりが強くて、イヤなものはイヤ。
人と比べたり、勝ち負けを気にする部分もあります。

 

すごく理不尽なことを言ってたり、勝手気ままなんだけど、
なぜか、2娘にお願いされると「仕方ないな~」って、
思わされるのよね~。

反対に、こちらからお願いすると、
ダメなときは、ハッキリ「ムリ」の一言で取り付く島もなく、
引き受けてくれる時には、
「大好きなハハのお願いだから、やってあげるよ」
と、恩着せがましく言われるという、
言葉だけだと、コノヤローなんだけど、嫌われない。

甘え上手で、人たらしな、猫っぽい2娘です。