読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4姉弟のハハ日記

1997年生1娘、2000年生2娘、2002年生3娘、2005年生4太の過去日記

2005年7月6日3娘:ボタンもじょうず

3娘、最近、パジャマの小さいボタンを、
自分で留め外しできるようになりました。

直系が1cmないくらいの小さいボタン。

おかげでお風呂の後、自分1人で、
いつのまにかパジャマを着てくれます。

楽だわ~♪


1ヶ月前まで 自分で着たいんだけど、
ボタンがキチンと留められなくて、イライラして

「ぼたん、でちなぃの!ははやって!」

なんて言ってたのにね。


なんでもそうだけど、
自分でやりたい時と、甘えてやってもらいたい時があって、
最近、お着替えだけは、「じぶんで!」なのです。

他のことは

「えほん、よんで。
 ごはん、たべちゃちて。
 おくちゅ、はかちて。
 だっこちて」

と甘えるのだけどね~。

「自分でやってごらん」

なんて言おうものなら

「さっこ、ちっちゃいから、ハハやって」

と、言われてしまうのです。


仕方ないので、パジャマを1人で着たときには

「わ~、3娘、すごいね。
 自分ひとりで、お着替えできたんだぁ。
 さすが、もうすぐ3才だね~。じょうず~」

なんて、拍手しながら大げさに褒めてみたり。

心の中では、これで気分よくなって、
他のことも自分でやってくれないかな~って、
思ってみたりするのですが、なかなかそうはいかないようです。


まぁね、5才の2娘だって時々

「お着替えさせて~」ってやってくるし、

8才の1娘でさえ「髪の毛、洗ってぇ」とか、

甘えること、あるもんね。

いくつになっても、いつもは自分でやってることなのに、
やっぱり、やってもらいたい時が、あるものかもね。

大きくなるとつい

「そんなの、自分でできるでしょ」

なんて、突き放してしまうことも多いのだけど、
余裕があるときには、やっぱりやってあげよう(^_^;)

 

きっと、高学年くらいになれば、親離れして、
やってもらうほうが、
うっとぉしくなっちゃうように、なるんだろうしね。

甘えてもらえるうちが、華だろうなぁ(^_^;)

 

**2016年**

今でもときどき、「髪、乾かして~」「髪、結んで」とか、ありますね。

帰りが遅い時には、心配して、電話やLINEを何度も入れると、
「大丈夫だから!」とか、うっとおしがられますが(^_^;)

あんまり、「親、ウザイ」みたいな雰囲気は、少ないかかも。

 

あ、4太には、去年小4のとき、
外で手をつなごうとしたら、ふり払われたことがありますね。

恥ずかしいお年頃に、なったのね~。

ちょっと寂しいかも(^_^;)