読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4姉弟のハハ日記

1997年生1娘、2000年生2娘、2002年生3娘、2005年生4太の過去日記

1娘:助産院で四つん這いで出産(陣痛から出産まで):1997年6月

始まりは陣痛から。

出産予定日の1日前のAM5時くらい。

キューっておなかが痛みを伴って固くなるのに、目が覚めました。

初めてなので「これって陣痛?」とちょっと不安。

隣では、チチが熟睡中。

まだ朝早いので、起こすのは止めておこう。

 

痛みの間隔は、まだ15から20分。

助産婦さんからは「10分間隔になったら、電話して」と言われていたので、まだまだ。

まだ、痛いというより、固くなるという感覚。

 

いつもの起床時間にチチを起こし、
たぶんまだ時間がかかるから、と会社に行ってもらった。

陣痛の間隔は、なかなか小さくならない。

痛い時は休み休み、合間に 日常の家事をやっていると、1日終わってしまった。

痛みもまだ軽いので、動いても大丈夫。

 

チチが、夕方、帰ってきた。

間隔は10分くらい。

助産院に電話してみると
「まだ生れないから、お風呂入ったりして、痛みを逃して」とのこと。

実際、お風呂に入ると、すごく楽になる。

お風呂に入ったり出たりして、時々助産婦さんに連絡しながら、
来て良いと言われるまで、待つ。

 

9時過ぎ。

間隔はまだ7,8分くらい。

痛みが強くなってきたけ、どまだ来なくて良いと言われる。

いつまで家で耐えるのかなあ。

腰がキシキシいう感じ。

チチに腰をさすってもらう。

 

11時過ぎ。

痛みには強いほうだけど、もう動けない。

やっと、助産院へ移動の許可をもらう。

チチに支えられながら、車に乗ってGO!

 

深夜。

この助産院では、月に5人までの妊婦しか受け入れないので、
入院が重なる事はめったにないらしく、この日は私だけ。

ベッドと畳スペースがある部屋 で、好きな格好で痛みを逃す。

私は、畳に座って、ちゃぶ台にうつぶせに寄りかかる姿勢が楽だったかな。

腰が割れそうに痛くて、自然とうなり声が出てしまう。

きっと結構うるさいだろうけど、他に人がいないから気にしない。

助産婦さんがつきっきりで腰をさすってくれる。

 

この痛みはいつまで続くんだろう、と頭がボーっとしてきたところで、
やっと4時過ぎ、分娩台へ。

この助産院では、病院のように仰向けではなく、
両手両膝で支え る四つんばいの姿勢で出産する。

頭が酸欠状態で、呼吸法やいきみがうまく出来ない。

チチが一緒に「ヒッヒッフー」と、リズムを取ってくれてなんとかしのぐ。

 

分娩台で30分。

「髪の毛が見えてきたよ。もうすぐ」とチチに励まされ、やっと出産。

助産婦さんに受けとめられた赤ちゃんの鳴き声が、聞こえる。

疲れた。