読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4姉弟のハハ日記

1997年生1娘、2000年生2娘、2002年生3娘、2005年生4太の過去日記

2004年8月31日10年やればプロ:日経新聞より

数ヶ月前の日経新聞のコラムに書いてあったことが気に入って、
ここのところかみ締めています。

掲載された日にちも寄稿者も忘れてしまったけど、確か夕刊の小さなコラム。


どんなことでも10年続ければ、人に教えられるくらいにはなる。

60才で始めても70にはプロになれる。

物事を始めるのに遅いことはない。


と、細かい表現は忘れましたが、こんな感じの内容でした。

独身時代はバリバリ働くんだ、と思って就職したけど、
結婚を機に、いろんな事情で専業主婦になる。

私もそうだったし、そういう主婦は多いと思う。


でも、私は料理掃除大嫌い。

子どもはかわいいけど、核家族で祖父母の助けもなく、
24時間365日一緒はけっこう大変。

引っ越したばかりの土地で知り合いもなく、
1日会話らしい会話もしない日もあった。

すんごく社会から取り残された気分。


働こうにも保育園の中途入園も難しい。

何年もブランクがある自分が、
一体どんな仕事ができるだろうという不安もある。

そのくせ婚前に専門職だったプライドもあって、
どうせなら同じ専門職で働きたい。

そういう複雑な思いを抱えては、悶々とした時期があった。

まだ1娘が一人っ子の頃。

そんなときチチが言う。

「友達が独立起業するんだけど、お手伝いしてみる?
 家でできることだよ」

ちょうど2娘がお腹に来た頃。


始めてみると、チョー楽しい。

無給だったけど、自分にも何かできる喜び。

ちょっとお手伝いのつもりが、仕事に費やす時間がどんどん増えた。


お腹も大きくなってきて、1娘の公園遊びに付き合うのが
大変になってきたところで、ちょうど保育園の空きも見つかり、入園できた。

あれから5年。

今はそのお手伝いは卒業。

私にもできることがあるっていう喜びは自信になって、
新しい仕事にチャレンジすることができた。


まずは、小さな1歩が必要だったんだと今思う。

3年もブランクがあって、いきなりフルタイムの専門職復帰は無理だっただろう。

在宅って働き方も合っていたのかな。

2娘に授乳したり、ベビーラックを足で揺らしながらPCに向かってた。

子どもの病気や園の行事にも、
一人仕事だから、日程を調整して柔軟に対応できる。


相変わらず家事は苦手だが、チチはそれでいいと言ってくれる。

子どもは3人になって、姉妹で遊ぶようになった。

見知らぬ土地は、いつのまにかママ友達が増えた。

園以外の保育サービスも利用して、時間をやりくりしている。

なんとかなるもんだなぁ。


今30代。

細々と仕事しながら新しい資格に挑戦中。

勉強は難しいけど目標があるから頑張れる。

10年やれば、私だって、きっと、何かできる。

 

 

**2016年**

この記事を書いてから、12年、今は40代。

このあと、4太の出産もあって4人姉弟となり、
成長した今は、高3(留学留年)、高1、中2、小5になりました。

相変わらず、料理掃除は手抜きですが、
チチや子どもたちと分担して、なんとかやりくりしてます。

子どもたちは、寂しい時もあるだろうし、
時には、家事を頼まれてもやりたくない時もあるだろうに、
「ハハ、お仕事頑張ってね!」と見送ってくれます。

 

行政書士は、開業して、10年超えました。

ご相談者の方々のお役に立てるよう、努めてます。

毎年、入会してくる新人の行政書士さんたちにも、
事務所運営や業務について、私が先輩方から教えていただいたように、
先輩としてお伝えすることもあります。

 

いつ始めても、遅いことはない。

やりたいときが、やりどき、伸びるとき。

なんとか、なるもんだな~。