読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4姉弟のハハ日記

1997年生1娘、2000年生2娘、2002年生3娘、2005年生4太の過去日記

2005年4月5日2娘:守ってあげる

今、妊娠4ヶ月かな。
もう、おなかが丸くふっくらしてます。
外出には、ジャケットを着るのでまだ目立たないけど、けっこうな大きさです。
 
4児がおなかに来てから、2娘がよく言うセリフ。
「ハハ、おなかに赤ちゃんいるから大変でしょ。
 2娘が守ってあげるね。
 2娘は3娘と赤ちゃんのおねえちゃんになるから、3娘と赤ちゃんも守るね
」って。
 
具体的には、よくお手伝いをしてくれます。
有難い。
腰が軽い2娘は「お手伝いしてくれる人~」という問いかけに、
すぐ「は~い」と答えて、寄って来てくれます。

食事の用意で、お茶碗や箸を運んで並べてくれたりするのが、お手伝いの定番。
お風呂に入った後には、2娘が最後に出ることが多いので、
お風呂のテレビを消して、風呂ふたを閉めて電気まで消してくれるところまで、
もう何も言わなくても、2娘がやってくれるようになりました。
その後、必ずお風呂のドアを開けて
「見て見て。ちゃんとできてるでしょ」と言うので、
「いつも本当にありがとうね。ハハたすかるなぁ」
とお礼を言わなくてはなりません。
 
守る」というわりには、
3娘には、相変わらず意地悪して泣かせたりするんですけどね。
どうも頭では「小さい子には優しく」ってわかってても、
なかなか感情はついて来ないようです。
 
1娘は、超マイペースで、自分以外にあまり関心がないので、
おなかの赤ちゃんのこともあまり気にしません。
時々「今どのくらいの大きさ?」と訊ねられるけど、
それはきっと「人体図鑑」で見た胎児の実物大図が頭にあるようで、
どうやら科学的な興味っぽい。
 
3娘はやっと
「ははのおなかのなか、あかちゃんいるから、
 ちゅわってだっこちゅるんだよ
(座って抱っこするんだよ)
というくらいの、
私が今までの体でないことは、理解してくれているようです。
私が立った姿勢で、3娘を持ち上げて抱っこするのは、もうつらいのでね(^^;)
3娘には、我慢してもらってます。
その我慢が、グズリや夜泣きになるのかな~。

優しいチチは最近、朝早く起きて勉強したあと、
朝ごはんも作ってくれるようになりました(^_^;)
「俺、主婦業なかなかいける気がする。
 ハハ、早く稼げるようになって、俺を主婦にしてくれ」
って言われてます。
確かに、今の我が家は、チチの家事でなんとか回ってます。
掃除も洗濯も食事も。
 
家族に守られて、幸せな現在があるのですね~。
感謝感謝。