読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4姉弟のハハ日記

1997年生1娘、2000年生2娘、2002年生3娘、2005年生4太の過去日記

2004年10月6日2娘:負けるが勝ち

2娘と3娘はいつもくっついてて、
仲良く遊んでいたかと思うと、次の瞬間にはケンカになって3娘が泣き、
私にちょっと抱っこに来て、気が晴れるとまた2娘と一緒に遊ぶ、という繰り返しです。

まぁ、結局仲がよいのですね。
 
<ケンカパターン:その1>

多いケンカの理由は、物の取り合いです。

それも、3娘の持っているものを2娘が何も言わずに取り上げて、
持ち去って隠れてしまうのです。

3娘は2娘の後を追ってさっこ、の~!(3娘の)」と主張するのですが、
2娘は洗面所やトイレに隠れて出てきません。

すると、3娘はどうしようもないので、ハハに言いつけにくるのです。

にこ、さっこのないないちた~。めーちゃ、ないない~。だっこちて~(ToT)
(2娘が3娘のないないした。メルちゃんなくなった。抱っこして)」

とつたない言葉で一生懸命訴えるので、
泣いてるチョーかわいい3娘をよしよしと頭を撫でながら抱っこして、
隠れてる2娘には鬼になってしまうのでした。


2娘、黙って取ったらいけないって言ってるでしょ。と叱ると、

2娘がドアから半分顔を出して

だって、3娘、ずっとつかっててずるいと口を尖らせて答えます。

ちゃんと3娘に『貸して』って言って
 『どうぞ』ってしてくれるまで待ちなさい。
 3娘、お願いしたらちゃんと貸してくれるから。
 一旦『ごめんね』して3娘に返そうね

と3娘を下ろして2娘の前に立たせます。

2娘もしぶしぶながらお人形を3娘に返し(でもごめんねは言わない)、
すぐ貸して!と手を出します。

せっかく帰ってきたお人形を離すものかと、
3娘は人形を抱えて私の後ろに隠れます。

すると今度は2娘がほら、貸してくれないじゃんと涙目で訴えます。


私は3娘に向き直って
お姉ちゃんにも後で貸してあげてね。順番こだよと言うと、
3娘はしばらく人形を見つめた後(いろいろ考えてるんでしょうね)

じゅーばーこ(順番こ)」と言って、2娘にお人形を渡すのです。

えらい!

3娘ってちゃんと人に譲ることができるのよねぇ。


こうなると2娘も一人で怒っていられず

3娘ありがと。さっきはごめんね

と謝ることができ、やっと丸く収まるのでした。


はじめから2娘がちゃんと『貸して』って言えると、
起こらない騒動なんだけどなぁ(-_-;)

 


<ケンカパターン:その2>

次は場所の取り合い。

3娘はともかく、2娘はやたらと3娘に対抗して、なかなか譲れないのです。

ソファでもお布団でも、
たぶん遊ぼうと、2娘を追いかけて3 娘が近づくのだと思うのですが、
2娘は私の場所に近づかないで、というように手足を広げて場所取りをして、
3娘を押しのけようとしてしまうのです。

そうする と3娘も2娘を押し始め、痛い、蹴った、叩いた、と
どちらかが泣くことになってしまうのでした。


で、この間、2娘に「負けるが勝ち」という言葉を教えました。

ちょっと用法は違うのですが、
3娘と張り合って蹴られて痛い思いをするより、
 3娘から離れて別の遊びをしたほうが楽しいでしょ
と。

するとわかった。『負けるが勝ち』ね。頭にカシャってしとくねと答えてくれました。

「頭にカシャ」はきっと「カメラで写真を撮るように覚える」でしょうね。


今朝、またソファで2娘と3娘が押し合いをしていたので
負けるが勝ちよと一声かけると、2娘が気がついたように立ち上がって、
私のほうに来てふふっと笑って言いました。

負けるが勝ちだね。2娘わかったでしょ。えらい?

えらいえらい。


これも、はじめから2娘がけんか腰でなけりゃ、起こらないのよね~。

ま、一言で解決するようになって、ちょっとうれしい。